腰痛ベルトについて☆

こんにちわ!

JR芦屋駅前のさくら整骨院、松浪です!!

今日はよく問い合わせのある、「コルセット」について!

腰痛になると、少しでも痛みを抑えようとコルセットをされる方も多いでしょう。

正しい知識と、正しい使い方を覚えておかないと、大変な目にあうこともあるので、ここでご紹介しておきます!

腰痛を治すものではない

コルセットとは、あくまで筋肉をサポートするものとして使用します。
不安定な姿勢、痛みの出にくい姿勢を保持する為に、痛めている筋肉を使ってしまうと逆効果なので、コルセットが効果的となります。コルセットをつけるから、「治る」とは別物であることを認識しておかなければなりません。

あくまで予防

元々繰り返し腰痛を発症されている方の中で、力仕事、肉体労働を強いられる方などは、事前にコルセットを装着しながら仕事をしましょう。
常に装着していると、姿勢の保持をコルセットに依存してしまい、筋力が低下してしまうので、「必要に応じて」装着するようにしましょう。

どんなコルセットが良い?

市販されている腰痛ベルトを購入する際は、痛む場所や痛みの程度で様々ですが、日常生活を支障なく過ごすという観点から、腹圧を逃さずに固定できるもの、動作を妨げないもの、通気性のよいもの、ズレないものなどを頭に入れて選ぶといいでしょう。

できれば2段式になっているものの方がズレにくく、骨盤から股関節にかけてサポートしてくれるので、選ぶのであれば1段のものよりも2段になっているものにしましょう。

当院でも、2段式であり、筋肉のサポートではなく骨盤のサポートに特化したコルセットがあります!
IMG_4798

痛み方以上に歩き方などに効果がすごい表れます。
悩む方は当院に問合せください!

つける位置

せっかくの腰痛ベルトやコルセットも、つける場所を間違えるとまったくつけている意味がありません。

厚手の幅の広いコルセットの目的は、筋肉のサポートです!
ですので、骨盤に下半分かぶさるように、腰部の筋肉を覆うつけ方をしましょう。

逆に骨盤ベルトなどの幅の狭いコルセット(とこちゃんベルトも含む)をお持ちの方は、筋肉に巻いてはいけません。骨盤という骨に完全にかかるようにつけましょう。

物には最大限の効果を引き出す使い方があります!ただし、改善するものでもありません。
きちっと根本的に治したい方は、治療院にお越しください!

結果には必ず原因がある!

腰痛でお困りなら、JR芦屋駅前のさくら整骨院へ!

0797-22-3918