芦屋 坐骨神経痛!

こんにちは!

JR芦屋駅前のさくら整骨院の松浪です。

最近天候や気候の変化が著しく、様々な症状の方がたくさんいらっしゃいます。

その中で最も多いのが、坐骨神経痛を患ってる患者様。

そこで皆様にこの病態についてご説明いたします。

坐骨神経痛

疾患名ではなく、坐骨神経に由来する痛みの症候名、腰下肢痛の症状の一つ
坐骨神経痛とは、「病名ではなく、その症状の名称」です。

坐骨神経とは、腰椎4番目・5番目の神経と仙骨の前面から出て梨状筋の下を通り、大腿後面中央を下行、膝の裏で総腓骨神経と脛骨神経に分かれ下肢~足裏に走行する、人体の中で最も大きい神経です。
th[5]

特徴

•坐骨神経の走行に沿って、殿部から大腿後面、下腿外側および後、足の外側に激しい疼痛をきたす。
•下肢の運動、咳、怒責により増強される。
•痛みの程度は天候や温度に左右されることがある。
•アキレス腱反射の減弱ないし消失、下肢の感覚障害、ラセーグ徴候などがみとめられる

坐骨神経の損傷  ・・・ 腰部椎間板ヘルニア、梨状筋症候群、腰部脊柱管狭窄症、腰椎分離症、腰椎すべり症 など。
坐骨神経の損傷なし・・・ 骨盤のアライメント異常—仙坐骨捻挫による梨状筋症候群(梨状筋下孔の坐骨神経障害)

簡潔に言うと、下半身裏に激しい痛み、もしくはシビレをきたす症状は坐骨神経痛をまずは疑いましょう。
そして、そのほとんどは臨床経験上、骨盤の歪み・アライメント異常によるものが明らかに多いです。

治療・予防

坐骨神経出口の腰椎4,5番目のアライメントの確認、骨盤の形状、神経の走行上に沿う筋肉・その拮抗筋の状態、背骨の生理的弯曲の形状。
このいずれかに問題が必ずあります。治療は、そのいずれかの問題を解決することです。
その問題を見つけ出すのが大変苦労します。ただ、それだけです!
読者の皆様!あきらめないでください!

結果には必ず原因がある!
坐骨神経痛にはJR芦屋駅前のさくら整骨院へ!

0797-22-3918