スポーツの春!!スポーツ外傷と障害

a

こんにちは!

4月も中旬になり暖かくなると思いきや、まだまだ肌寒い日が続きますね。

暖かくなるとスポーツがしやすいですね!!
先日、さくら整骨院のスタッフも芦屋マラソンに参加しました!
みんなでいい汗をかくと気持ちいいですね!

そこで、今日は
日頃からスポーツされている人、春からスポーツを始めようと思ってる人にむけて
スポーツでのケガについての知識をお教えします!!

スポーツでのケガは外傷・障害の二つで、急性の外傷慢性の障害とに分けられます。

外傷とは、骨折、脱臼(だっきゅう)、捻挫(ねんざ)、打撲(だぼく)(挫傷ざしょう)、肉ばなれ、腱断裂けんだんれつ、靭帯(じんたい)損傷などです。

障害とはスポーツによる使いすぎ(オーバーユーズ)を原因として発生するケガのことをいいます。

わかりやすく言うと
スポーツ外傷は、一般的なスポーツでのケガのことですね!

では、スポーツ障害は??
スポーツによる使いすぎでのケガのことをいいます!!
成人だけでなく成長期の少年少女にもしばしば発生します!
オスグット、ジャンパー膝、椎間板ヘルニア、テニス肘、野球肩などなど

さくら整骨院では、様々なスポーツ外傷・障害を診ております!!
これからスポーツを始められる方、スポーツをされてる方
もっともっとスポーツの知識を高めて楽しくスポーツをしましょう!!

スポーツでのケガや、腰痛、肩こり、膝の痛みは
JR駅前のさくら整骨院まで
0797-22-3918