「第2の心臓」って??

 

みなさん、こんにちは!受付の和泉です(*‘ω‘ *)

 

 

足は「第2の心臓」と言われていますが、その理由をご存知ですか??

 

 

 

「足」はふくらはぎのことを指します!

ふくらはぎには心臓のようにポンプ作用があり、血液を心臓に送り返す機能を持っています。

 

心臓から送り出される血液は、動脈を通って全身に酸素や栄養を届けてくれます!

この血液は心臓のポンプ作用のおかげで力強く全身に送り出され、静脈を通って心臓に戻ってくるのです。

ですが、戻ってくる血液は、送り出される血液に比べて心臓に押し返される力が弱くなっています。

ここでアシストするのが、ふくらはぎのポンプ作用なのです!!

 

 

ふくらはぎが活性化すると、次の効果が期待できます!!

 

☑ 全身の細胞に十分な栄養や酸素を送ることができる

☑ 自律神経の働きを良くする

☑ 基礎代謝を高め、新陳代謝を良くする

☑ 細胞を若返らせる

☑ 脳細胞を活性化する

 

まさに嬉しいことだらけですね(*^▽^*)

 

ふくらはぎのポンプ作用が低下すると足のむくみにつながり、それを放っておくと、静脈瘤(静脈が伸びたり、曲がったりして膨れてしまう)や、皮膚の色素沈着などの病気になる場合もあります。

 

ただのむくみだと思って放置するのは危険ですよ!!!

みなさんも治療に来られる際、小さなことだと思って話さずにいないで、少しでも気になることがあればいつでもお気軽にご相談ください♪

 

それではみなさま、良い休日をお過ごしください(*’ω’*)

 

 

 

さくら整骨院