交通事故治療

芦屋で交通事故に遭ってしまったら、むち打ち施術の専門治療ができるさくら整骨院にご相談ください。
交通事故の怪我は、骨折や打撲などを思い浮かべる方も多いと思いますが、目に見えない、レントゲンに写らないケガのむち打ちが最も多い怪我であります。事故に遭うと病院に搬送されてレントゲンを撮影するのですが、むち打ちの症状はレントゲンには写りませんので、そのまま示談してしまう患者さんも多くいらっしゃいます。

当院では交通事故に遭った方が、元気に日常生活に戻れるよう、体の改善治療をさせていただきます。

また、当院に歯交通事故の保険会社とのやり取りの相談や慰謝料などのアドバイスが出来る弁護士と無料で相談ができますので、交通事故の被害者は安心して治療に専念することができます。

それでは当院の交通事故治療について詳しく説明させていただきます。

早期の治療で後遺症を防ぐ

交通事故に合ったけど、痛みが引かない、どういう手順で進めれば良いかわからない、もしくは治ることに諦めている。そんな方にたくさんこれまで出会い、治療を重ね、改善していただきました。
今現在ご覧になられてるということは、これらの悩みを抱えてるということだと思います!
結論から言うと、交通事故による症状は、早期であればあるほど治る見込みは非常に高いです!
ただ、手順の違い、治療のポイントを少しでも外すと改善が難しくなります。通常と違い、外からの急激な外力が全身に及ぶ為、原因の特定が困難な為です。
これらに対し、私たちは交通事故専門とする特異な治療を施させてもらい、後遺症に及ばないことを目指しております。結果改善された方をたくさん輩出してきました。

病院を受診してから整骨院での通院

病院と整骨院、どちらにかかれば良いのか判断に困った経験はありませんか?
率直に言うと、まずは病院へ受診です。ただ、様々な例がありますので、先に当院へご連絡をください!
なぜなら理由は2点あります。
1点目は、事故による衝撃は受けた本人の自覚以上に身体には多大な影響を受けております。何が起きてるか重大な問題を見落とさぬよう、レントゲン、MRIで検査受診を受けてください。
もう一点は、整骨院で治療を受けようと思っても、私たちは医師の診断書が手元にないと治療をあなたに施せないことが理由です。
では、実際の治療としての違いをお伝えすると、実際来られた方の「姿勢(立位加重点)、関節可動域、筋力検査など様々にチェックさせてもらい、原因分析を重ね、保存療法にて治療」が整骨院で、病院は、「患部を問診、画像にて傷病部位の確認、原因の特定にて観血療法(手術)または保存療法にて治療」が基本的な違いとなります。
これら双方のメリットとしてまず病院は、傷病の明らかな部位(骨折、脱臼など)が画像上明確に表れ、適切に治療できることで、整骨院は逆に軟部組織(筋・腱・靭帯)の異常、画像に映らない症状に強く、適切に治療できることです。

こんな方が通院されています

芦屋市で交通事故の専門治療を行っているさくら整骨院には、様々な悩みを抱えた患者さんが来院されて、辛かった症状が改善しています。

25歳男性 会社員 営業職

停車中の自家用車に後方から追突、その時の衝撃外力がかかり頸部(首)から腰に至る右半身を痛め、事故後2日後来院。
頸部の回旋可動域が明らかに制限かかっており、腰に至っては後屈不能。触診時に頚椎3、5番目が右にズレがみられ、腰については腰椎5番目が右に歪み、骨盤も右に捻じれた状態。骨格矯正でズレの修正を3度加え、動きの改善がみられた。軟部組織の筋緊張と、瘢痕状態も数回の筋肉治療にて改善され、治癒とした。

40歳女性 主婦

自転車で走行中、安全確認を怠った軽自動車が側方から追突。頸部捻挫と左足関節捻挫、左大腿部下部を挫傷。事故後1週間後の来院。
各患部は大腿部を筆頭に腫脹と熱感があり、頸部については左側屈、回旋共に不能。
事故による外力が重なり、頚椎4番の左歪み、左下肢の外旋位、左足部の仮性延長(左足が長く見える)肢位を呈していた。
骨格矯正とrice処置、包帯にて圧迫固定を1週間続けたのちに、患部の腫れと可動域は大幅に改善。保存療法にて2ヶ月半かかり改善され、治癒とした。

慰謝料や保険の事を無料で相談できます

私たちは交通事故に非常に強い弁護士がバックアップ体制に入れており、お身体以外のご相談、破損後の車の修理、慰謝料請求、その他細かな手続き書類に至るところまでフォローいただけるので、安心です!!
交通事故のご相談は、無料!
また、交通事故においては通常の健康保険ではなく自賠責保険にて施術費も無料で通院できます!
お悩みあれば、JR芦屋駅前のさくら整骨院へどうぞ!!

芦屋の交通事故ハザードマップ

JR芦屋駅を中心にして交通事故が多発している地図をこちらにご紹介いたします。
芦屋の交通事故MAPご覧いただけるとわかるように、交通事故の発生箇所として多いのが、「交差点」です。

このあたりの周辺箇所の情報を公開していきますね。

芦屋市 上宮川交差点

ここは角地にラブリードッグココさんやローソンさん、ロイヤルホストさんが立っている交通量も非常に多い交差点です。
信号の切り替わりも非常に早い為、運転されてる方は皆さん、右折左折に突っ込んでこられます。
歩行者からみると非常に恐く、私も横断歩道で早く歩け!と煽られたことが何度かあります。笑
また、クランク上の車道となってますので、見通しも悪く、二段階停止を迫られる交差点ですので、運転される方はすごいストレスでしょう。
運転される方、歩道を歩かれる方、この交差点は注意してください。

業平橋西詰-東詰交差点

芦屋川を挟んだ西と東の交差点間の橋の上です。業平橋西詰の北側には芦屋で有名なイタリア料理のリストランテ・ベリーニさんがあります。
一見見通しが良いように思えるのですが、東詰の南向に立ってみるとわかりますが、V字に道が分かれています。つまり、双方の車道から2号線へ車が向かっていくと信号一つで管理されてるのがわかります。勘違いで発進してしまう車が多いのではないかと思います。
裏道として利用する運転者の方も多いようなので、歩行者の方はくれぐれも注意してくださいね!